• 池田裕美子

大室山 「山日鼓祭」 やまびこまつり


8月11日 山の日に、大室山で、「第1回山日鼓」が開催されました。

今年世界ジオパークに認定された、ジオサイトのひとつ、大室山。

その山頂火口をステージに、海の祭典「按針祭」に次ぐ、伊豆高原の夏のイベントとして、

今年から始まった「山日鼓祭」。

大室山、浅間神社に祀られている、「イワナガヒメ」と、霊峰富士の「コノハナサクヤヒメ」の

悲しい神話が語り継がれる大室山をステージに繰り広げられた、「山日鼓祭」。

当日は、晴天で多くの観光客や市民のみなさんが、リフトで山頂へ。

15:00~終了までで、昇降客数は、およそ3000人。

15時過ぎより、池観光開発 稲葉明夫代表取締役社長よりの主催者挨拶に続き

小野達也伊東市長・井戸清司市議会議長にご挨拶をいただき、

オープニングは、「らんぶるみなみ」の演舞からスタート。

「Dance School FUN」

「いとう舞士童」

「Rei マカロア」の皆さんのステージ

少しずつ、大室山に日が落ちる頃、

「天城連峰太鼓」の奉納太鼓。

笛の吹き手は、イワナガヒメかコノハナサクヤヒメか・・・

「打々乱々」

「あかつき」

「山鳴り」

「和」

ライトアップされた、火口に、勇壮な太鼓の音がこだましました。

トリは「いとう舞士童」の華やかで力強い演舞。

クロージングは大室山にあがる、打ち上げ花火!

壮大な自然の中で、華やかで厳かなステージでした。


28回の閲覧